記事詳細

【今日から始める10万円株】令和期待のテーマ「ブロックチェーン技術」の注目株 (1/2ページ)

 ここ最近、仮想通貨の上昇がマーケット関係者の間で話題になっている。代表的な仮想通貨であるビットコインは2017年12月に230万円台をつけ、その後は急落したものの、価格がピークまで駆け上がる場面では、資産1億円を突破する“億り人”を多数輩出した。

 昨年12月に40万円台を割り込んでいたビットコイン価格は4月に入り、すでに60万円台を目指す展開となっている。

 仮想通貨といえば、その基盤技術として欠かせないのが「ブロックチェーン」。簡単に言えば、ブロックチェーン技術は「新しいデータベース」であり、情報の漏洩(ろうえい)や改ざんを防ぐ画期的な技術としてさまざま分野から期待されている。仮想通貨の将来性に関わらず、ブロックチェーン技術は令和の時代の期待のテーマなのだ。

 今週の10万円株は、ブロックチェーン関連の銘柄を紹介していこう。

 まずは、東証1部の「アステリア」(3853)。同社はデータ連携用のソフトなどを手掛ける会社。すでに法人向けにブロックチェーン活用技術のコンサルティングを展開している。人員削減やセキュリティー強化などの観点から、将来的に注目度は高まりそうだ。株価(15日は842円、3月27日の高値965円からジリ安展開となっており、この辺りが押し目買いの好機か。

関連ニュース