記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】これからの季節にふさわしいカーディガン UVカット、安価も魅力 (1/2ページ)

 レオタード、ブルマー、カーディガンに共通するのは何? 答えはいずれも人の名前に由来していること。レオタードはフランス人の曲芸師ジュール・レオタール(1839~70)が衣装を作ったことから。ブルマーはジェーンクス・ブルーマー(1818~94)というアメリカの女性解放運動家が体を締め付けるコルセットに反発して作ったもの。

 カーディガンは1854年のクリミア戦争時のイギリスの陸軍中将の7世カーディガン伯爵ことジェイムス・ブルデネル(1797~1868)が傷病兵士が着やすいようにセーターを前開きにしてボタンで留めるようにしたものが始まり。

 カーディガンといえば、オードリー・ヘプバーン主演の映画「マイ・フェア・レディ」で、レックス・ハリスン扮するヒギンズ教授のカーディガン姿が私には忘れられない。シャツにニットタイでジャケットのようにカーディガンを着こなしている姿は実にみごと。

 セーターから生まれたカーディガンは脱ぎ着が楽だし、季節の温度調節に重宝するアイテムとしてバッグに入れている女性が多い。われわれ男性もまねして着こなしなどを楽しみたいものだが、これからの季節にふさわしいカーディガンがある。しかも価格があっと驚く求めやすさも魅力。

 ユニクロ(http://www.uniqlo.com)の「エアリズムUVカットカーディガン」(税別1990円)がそれで、グレー・ブラック・ダークグリーン・ネービーの4色があり、サイズもXSから4XLまでそろっている。

関連ニュース