記事詳細

【トラトラ株】10連休前に株式市場は堅調 「アクロディア」業績回復期待 「ピー・シー・エー」IT投資は特需期に (1/2ページ)

 27日からの10連休に加え、主要企業の2019年3月期決算発表が本格的に始まり、様子見を決め込む投資家も多い状況ではあるが、足元の日経平均は堅調だ。主因はやはり「強い米国株」だ。24日の米国株は反落したものの、前日23日には、S&P500種株価指数とナスダック総合株価指数が過去最高値を更新するなど非常に強い動きを続けている。

 米国市場では、昨年10~12月期に売り込まれた、FANGに代表されるIT関連銘柄群に資金が戻り、相場を押し上げている。さらに、ここにきて外国為替市場でドル高・円安となっている。

 こうした状況を受け、多くの投資家は気分よく、大型連休を楽しめそうだ。

 まず、アクロディア(3823)は業績回復期待が注目ポイントだ。同社グループは、09年8月期以降、営業損失を計上する状況が続いていたが、18年8月期において営業利益5100万円、親会社株主に帰属する当期純利益600万円を計上し、経営状況は改善しつつある。19年8月期通期連結業績は、売上高は18・61億円(前期比42・9%増)、営業利益は2200万円(同56・9%減)の見通しだ。

 なお、同社は、「OLEトークン」を開発した、エストニアのOleStars社と業務提携した。「OLEトークン」のブロックチェーン技術をBtoBで横展開する排他的なパートナーとして展開するという。

関連ニュース