記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】街歩きを副業にする「TABICA」 シニア世代が「自分の好きな体験」を販売 (2/3ページ)

 体験企画には天候の急変など、いろいろなハプニングがありそうだが、「そういうハプニングも込みで楽しむことがコツだ」と話してくれた。また、資料などを手作りして参加者に渡すなどの気配りもしているという。

 自分の“体験”を販売するとなると、その「値付け」も難しそうだ。その点について、TABICA事業部の雫石(しずくいし)まどかさんは「最初の集客が大事なので、(参加費は)低めに設定し、参加した人をケアしてリピーター化をはかるとともに、いいレビュー(ホストへの感想)を書いてもらうことが大切」と話してくれた。

 「自分の好きな体験」というアナログなものを、最新システムによって仕事にできるサービスが登場しているのは面白い。(取材・構成 藤木俊明)

関連ニュース