記事詳細

【トップ近況】「ベンチャー企業のパートナーとして一緒に事業を拡大」 サファイア・キャピタルの山田泰生社長

 「ベンチャー企業のパートナーとして一緒になって事業を拡大し、成長を加速させたい」と語るのはサファイア・キャピタルの山田泰生社長(47)。一般的なベンチャーキャピタルに比べ、投資先への出資比率を2~4割程度と高めにして経営に深く携わる。

 金融機関を中心に資金を募り、100億円規模のファンドで投資を進める方針だ。こうした外部からの投資をてこに規模を拡大する新興企業が相次いでおり「成長を支える投資の重要性が脚光を浴びている」と話す。

関連ニュース