記事詳細

【トップ近況】仮想通貨事業への参入「環境整えば再度チャレンジ」 マネーフォワード・辻庸介社長

 家計簿アプリのマネーフォワードの辻庸介社長(42)は、仮想通貨事業への参入延期について「当初意思決定をした時から(環境が)大きく変わってしまった」と肩を落とす。流出事故が相次いだことで規制が強まり、それに見合った体制構築が追い付かなかった。

 ただ、同時に「撤退ではなく延期」と強調する。仮想通貨の関連分野では新たな金融サービスが生まれることを期待しており「環境が整えば再度チャレンジしたい」と意気込みを語った。

関連ニュース