記事詳細

映画「武蔵-むさし-」、上海国際映画祭・正式招待作品に決定!

 2019.05.24.

 株式会社 三上康雄事務所

 映画「武蔵-むさし-」、上海国際映画祭・正式招待作品に決定
明日の公開に向けて未公開の殺陣シーンの画像も解禁

 5月25日(土)全国公開の時代劇映画「武蔵-むさし-」。
(脚本・監督 三上康雄。出演 細田善彦、松平健、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水●(=糸へんに宏)治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮)
その公開直前にうれしいニュースが届きました。
本日、5月24日の午前0時に上海国際映画祭・正式招待作品に決定しました。
上海国際映画祭は中国で唯一、国際映画製作者連盟公認の映画祭で1993年に第1回が開かれ、今年は第22回。
6月15日から24日まで開催されます。
「武蔵-むさし-」の海外用タイトルは“MUSASHI”日本版の広告のコピー“なぜ、戦う?”は“ANSWER TO BE FOUND IN SWORDS”(答えは剣の中にある)という、海外向けコピーに変更し、ビジュアルも武蔵も小次郎も剣を構えるものに変更しています。
すでに、海外からの問合せも多く、数カ国での公開が決まっています。

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226665-O1-Ese2vHr9

 そして、未公開映像の迫力の殺陣シーンの画像4点も解禁します。

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226665-O2-ZxTB6DTl

 1.武蔵対吉岡一門の一乗寺下がり松の決闘で、武蔵が幼い吉岡の大将の亦七郎を人質にとる。

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226665-O3-K0JMOfFP

 2.武蔵対小次郎の巌流島の決闘で、にらみあう両者。

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226665-O4-1BiEifqx

 3.小次郎の燕返し。
右上から斜めに斬り、瞬時に手首を返して左下から切り上げる。
「武蔵-むさし-」では、小次郎は武蔵に勝つために、さらにもう一手を加えた燕返しの新技をあみだす。
松平健さんしかできない大技。

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226665-O5-5S9cba4B

 4.そして、二刀流の武蔵。

 武蔵役の細田善彦は一乗寺の決闘のシーンの撮影で傷だらけ、さらに3針を縫うケガを負う中で、20人以上との壮絶な殺陣を行いました。
佐々木小次郎役の松平健は完成披露試写会で「私は武蔵に斬られていません」と発言。
史実に基づく「武蔵-むさし-」での巌流島の決闘での勝者は誰なのか?
劇場でお確かめください。

 公開劇場の情報は「武蔵-むさし-」公式サイト(https://www.musashi-movie.jp)でご確認ください。