記事詳細

エイジングケア美容液「ナールスネオ」発売5周年記念 ボトルデザイン変更&3つの抗酸化/抗シワ成分を追加し新発売

 株式会社ディープインパクト(本社:大阪市中央区、代表取締役:富本 充昭)は、発売5周年を迎えたエイジングケア美容液「ナールスネオ」を、1回に出す量の調節がしやすくなるようボトルデザインを刷新し、3つの美容成分を追加して2019年5月24日にリニューアル新発売します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184476/LL_img_184476_1.png
ナールスネオ

 【「ナールスネオ」について】
「ナールスネオ」は、京都大学と大阪市立大学の共同研究によって開発されたエイジングケア成分「ナールスゲン」を推奨濃度で配合し、肌環境に働きかけることで、ハリや弾力ある肌に導くサポートするエイジングケア美容液です。
今回、抗酸化と抗シワを強化するために3つの美容成分を追加しました。
また、ボトルデザインがスタイリッシュになって、持ちやすく、出しやすく、1回に出す量の調節がしやすくなるように改良しました。

 ■ナールスゲンについて
ナールスゲンは次のようなエイジングケアに好ましいはたらきが期待できる成分です。

 <期待できる効果>
(1) 分子量331ダルトンという極めて小さな水溶性成分で角質層の奥まで浸透
(2) 線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、HSP47を増やす
(3) お肌の水分量を維持するはたらきがある
(4) 表皮で抗酸化成分であるグルタチオンを増やす
(5) 線維芽細胞を紫外線ダメージから守り、光老化を抑えるはたらきがある

 ナールスネオは、ナールスゲン以外にも「in-cosmetics 2013」(パリ)で、「イノベーションアワード金賞」を受賞したスイスのインデュケム社で開発された最新バイオテクノロジー成分「ネオダーミル」や「プロテオグリカン」などを配合した集中ケア専用美容液です。

 このたび、ナールスネオは、発売5周年を機にリニューアルし、エイジングケアにとって期待できる成分をプラスしました。

 【リニューアルのポイント】
3つの成分を追加しました。
1)レスベラトロール
ポリフェノールの一種で高い抗酸化力を持っています。
間接的に長寿遺伝子を活性化することが研究でわかっています。

 2)ブドウ葉/種子/皮エキス
ポリフェノールを含み高い抗酸化力を持つことが大きな特徴です。

 3)アセチルデカペプチド
アルギニン、メチオニン、グルタミン酸の3つのアミノ酸から作ったペプチドです。
FGF(線維芽細胞成長因子)に似たはたらきがあります。
FGFとは、細胞の増殖や分化を促す成長因子の1つで線維芽細胞を活性化させるはたらきがあります。

 これら3つの成分は、刺激性がなく、敏感肌をはじめどんな肌質でも使える成分です。

 【製品概要】
■商品名 : ナールスネオ
■内容量 : 20ml
■希望小売価格(税込): 9,720円(初回限定:6,480円)
■発売 : インターネット限定販売
■商品販売ページ : ナールスネオ http://www.nahls.co.jp/lpc/neo
ナールスコム https://www.nahls.co.jp/SHOP/4571440340118.html
■参考: エイジングケアアカデミー http://eijingukea.nahls.co.jp/

 【株式会社ディープインパクト】
代表者 : 代表取締役 富本 充昭
所在地 : 〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-3-7 瓦町KTビル7階
設立 : 2005年12月
事業内容: エイジングケア化粧品の企画・開発・販売/
医薬品臨床研究支援/医学出版
資本金 : 3,500万円
URL : http://www.nahls.co.jp/