記事詳細

「エル・ショップ」に「ハウス オブ ロータス」のポップアップショップが初登場! ~『エル・ジャポン』と連動し、ウェブと誌面でブランドの魅力を紹介~

 今年、サービス開始10周年を迎えるオンライン・セレクトショップ「エル・ショップ」(URL: https://elleshop.jp 、運営:株式会社ハースト婦人画報社、本社:東京都港区、代表取締役社長:ニコラ・フロケ)は、モデル桐島かれん氏がクリエイティブディレクターを務めるライフクラフトブランド、「ハウス オブ ロータス」のポップアップショップを2019年5月28日(火)より展開します。

 今回のポップアップショップでは、「ハウス オブ ロータス」のウェアが「エル・ショップ」限定品含めバリエーション豊かに揃うほか、直営イベント以外で初めて雑貨も販売。全国的に完売が続いているモロッコの“ノスノス”バッグやバブーシュなど、細工やディテールにこだわった、クラフトマンシップあふれる商品を展開します。「エル・ショップ」でのスペシャルページに加え、『エル・ジャポン』8月号(2019年5月28日発売)とも連動。「ハウス オブ ロータス」の魅力を、ウェブと誌面の両方で紹介していきます。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000194783&id=bodyimage1

 【ポップアップショップ 詳細】
- 販売期間: 2019年5月28日(火)よりスペシャルページ公開
- 販売店舗: 「エル・ショップ」(https://elleshop.jp/web/brand/house-of-lotus/
- 取扱ブランド: 「ハウス オブ ロータス」
- 取扱アイテム: ウェア、バッグ、シューズ、アクセサリー

 <「ハウス オブ ロータス」について>
モデル/クリエイティブディレクターの桐島かれん氏が、さまざまな国や文化を巡り培ってきた美意識や哲学を“装う”“暮らす”“もてなす”の切り口で表現していく、ライフクラフトブランド。コンセプトは“Happiness of Life”。日々の暮らしに“感動”や“よろこび”を感じることができるような場所でありたいと考えています。旅してみつけた美しい民芸品や雑貨に加え、インドの繊細な手仕事のワンピースを中心に、女性を華やかに魅せるアイテムを展開。

 <「エル・ショップ」について>
「エル・ショップ」は『エル』のエディターがプロデュースするオンライン・セレクトショップです。ファッション誌『エル・ジャポン』ならびにウェブメディア「エル・オンライン」と連動し、高感度なファッションスタイルを提案するEコマースサイトを展開しています。
URL:https://elleshop.jp/ | LINE:@elleshop | ツイッター:@elleshop | インスタグラム:@elleshop_jp | フェイスブック:ELLE SHOP

 <ハースト婦人画報社について>
株式会社ハースト婦人画報社は、テレビ、新聞、雑誌、情報サービスなどを展開する、アメリカで最大級のメディアグループ「ハースト」の一員です。日本では、1905年に創刊した『婦人画報』をはじめ、『ELLE(エル)』、『25ans(ヴァンサンカン)』、2017年に創刊150周年の『Harper’s BAZAAR(ハーパーズ バザー)』、『メンズクラブ』などを中心に、ファッション、カルチャー、デザイン、フード、ウエディングなどに関する雑誌を発行し、デジタルメディアを運営しています。近年はデジタル戦略に注力し、「エル・ショップ」などのEコマースの展開や、「コスモポリタン」、「ウィメンズヘルス」、「エスクァイア・デジタル」をデジタルのみでローンチしました。さらに、経験豊かな編集者を活かし、企業のコンテンツ制作を請け負うコンテンツマーケティングにも積極的に取り組んでいます。
URL:www.hearst.co.jp
ツイッター:@Hfujingaho | リンクトイン:https://www.linkedin.com/company/hearst-fujingaho