記事詳細

共同ピーアール株式会社と資本業務提携  中小ベンチャーから上場企業まで 「すべての人にPRを」 実現へ

 株式会社ネタもと(本社:東京都港区、代表:本村 衆)は、総合PR会社の共同ピーアール株式会社(本社:東京都中央区、代表:谷 鉄也)と、資本業務提携契約を2019年5月23日に締結いたしました。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000194963&id=bodyimage1

 ■異なる顧客企業を持つ2社の融合で シナジー効果を発揮
当社は2000年の設立以来、コミュニュケーション領域において事業を行ってまいりました。そして、2005年に企業と報道関係者をつなぐ情報マッチングプラットフォーム「プレスリリースプラットフォーム」(現:「ネタもと」)のサービスを開始し、事業領域をPRにフォーカスしています。情報マッチングプラットフォーム「ネタもと」は、新聞やTV、ラジオ、雑誌、インターネットの報道関係者に向けた情報を発信できるプラットフォームと、PR 効果を最大限出すためのノウハウを学べる勉強会、経営者向けの交流会など、各種プログラムを用意した総合サービスです。
当社は「すべての人にPRを」というミッションを掲げ、低価格でPRのノウハウとメディアとの接点を得られる、PR活動未経験の中小企業でも取り組みやすいサービスを提供しています。

 一方、共同ピーアール株式会社は、日本におけるPR業界の黎明期からパブリックリレーションズの概念の普及を行い、業界初の上場を果たしたPR会社です。主力サービスは、PR専門のコンサルタントが行う付加価値の高い広報活動のコンサルティングと活動の代行です。そのため、顧客は広報やPRに対して多くの予算を持っている上場企業やグローバル企業が中心となっています。

 以上のように、同じPR業界において、互いに異なる顧客企業を持ち、また互いのサービスを補完できる関係にあることから、本資本業務提携によって両事業に対してシナジー効果を発揮できると判断いたしました。
本資本業務提携により、当社は顧客の広報活動のコンサルティングや活動代行のニーズに応えられると考えています。また、当社が提供する情報マッチングプラットフォーム「ネタもと」により多くの情報を蓄積し、報道関係者へさらなる充実した情報提供をできることになります。

 株式会社ネタもとは、今後も「すべての人にPRを」というミッションの実現を目指して、事業拡大に向けたさまざまな取り組みを行ってまいります。

 【資本業務提携 概要】
1.資本提携の内容
当社代表取締役の本村衆が保有する当社の普通株式の一部(50株(同社の議決権割合の約2.18%))を、共同PR株式会社へ株式譲渡する予定です。

 2.業務提携の内容
(1)顧客紹介
 当社の顧客に対して、共同PR株式会社のコンサルティングサービスを提供する機会を創出する。
(2)共同開発
 当社の情報マッチングプラットフォームと、共同PR株式会社が築き上げてきたメディアとのネットワークを融合し、より精度の高いマッチングサービスに改良する。
(3)営業力強化
 当社と共同PR株式会社が提供するサービスを相互に販売する。

 3.本提携の日程
 資本業務提携契約締結日 2019年5月23日
 株式譲渡日 2019年5月24日

 【会社概要】
 社名: 共同ピーアール株式会社
 所在地: 東京都中央区銀座7-2-22 同和ビル
 代表: 代表取締役社長  谷 鉄也
 事業内容: ・メディア・リレーションズを中心とした広報活動の支援、代行、コンサルティング
 ・危機管理広報、IR、インターネット関連業務に至る総合的なコミュニケーション・サービス
 設立: 1964年11月14日
 URL:  https://www.kyodo-pr.co.jp/

 社名: 株式会社ネタもと
 所在地: 東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル4F
 代表: 代表取締役 本村 衆
 事業内容: ・企業・団体と報道関係者をつなぐ情報マッチングプラットフォーム「ネタもと」の運営
 ・PR業務代行・アドバイザー業務
 ・人材紹介サービス
 設立: 2000年11月15日
 URL: https://netamoto.co.jp/

 <本件に関するお問い合わせ先>
 株式会社ネタもと
 広報担当:若杉千穂
 TEL.03-3401-7777
 FAX.03-3401-7788
 E-mail.pr@netamoto.co.jp