記事詳細

クラウドサービス連携で業務効率化、活用事例を紹介Interop Tokyo 2019にて「駅すぱあとWebサービス」を出展

 乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は2019年6月12日(水)~14日(金)に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2019」に出展し、経路検索API「駅すぱあとWebサービス」のクラウドサービスとの連携やMaaSビジネスへの活用事例をご紹介します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184654/img_184654_1.png

 ■概要
Interop Tokyoはインターネットテクノロジーの国内最大級のイベントです。
1994年の日本初開催以来、国内外から500社を超える企業・団体が参加し、技術動向とビジネス活用のトレンドについて、デモンストレーションやセッションが行われます。

 ヴァル研究所のブースでは、「駅すぱあと」が持つ機能や公共交通機関データなどを利用できるWeb API「駅すぱあとWebサービス」をご紹介します。
クラウドサービスやWebサイト、スマートフォンアプリなどに経路検索や運賃計算機能、全国の公共交通機関データなどを自由に組み込むことが可能です。

 経費精算などの業務支援サービスへ導入することで、社内規程に則した交通費申請の自動設定などを実現し、申請内容の確認などの業務効率化・単純作業の削減が期待できます。

 当日は導入事例のほか、近年取り組みが増えているMaaSビジネスへの活用事例をご紹介します。

 <参考リリース>
2018年8月27日:
「クラウド会計ソフト freee」経費精算に経路検索API「駅すぱあとWebサービス」が採用
https://www.val.co.jp/topics/2018/0827.html

 2019年4月3日:「JR東日本アプリ」の経路検索エンジンに採用いただきました
https://www.val.co.jp/topics/2019/040301.html

 ■「Interop Tokyo 2019」出展概要
開催日 :2019年6月12日(水)~14日(金)
開催場所 :幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
ブース番号:4U08
参加費 :5,000円(下記ページより事前登録で無料)
https://forest.f2ff.jp/register
公式サイト:https://www.interop.jp/

 ■「駅すぱあとWebサービス」について
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/184654/img_184654_2.png

 「駅すぱあとWebサービス」は、「駅すぱあと」が持つ経路検索機能や全国の公共交通機関データなどを利用できるAPIです。経費精算などの業務支援サービスやMaaSビジネスなどで「駅すぱあと」の機能やデータを自由に活用することが可能です。

 「駅すぱあとWebサービス」紹介ページ:https://ekiworld.net/service/lp/webservice02/
「駅すぱあとWebサービス」ドキュメント:http://docs.ekispert.com/v1/
「駅すぱあとWebサービス」公式入門書:https://amzn.asia/3a0t5JV

 ■株式会社ヴァル研究所について
1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以来、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け/個人向け製品・サービスを展開しており、取引実績は12万社以上です。
法人向けでは通勤費や旅費交通費の管理/申請システムなどを提供しているほか、「駅すぱあと」の膨大なデータ・機能をweb APIとして提供しており、多種多様な企業・団体とのコラボレーションに取り組んでいます。
近年では公共交通機関に限らず、さまざまな移動手段に対応し、MaaS(Mobility as a Service)分野への取り組みを推進しています。

 商号 :株式会社ヴァル研究所
代表取締役:太田 信夫
所在地 :東京都杉並区高円寺北2-3-17
設立年月日:1976年7月26日
資本金 :4,100万円
企業サイト:https://www.val.co.jp/

 ※記載されている会社名、製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。