記事詳細

北海道美瑛町の農家が観光公害対策プロジェクトを始動 景観を守るためクラウドファンディングで資金調達を実施

 2019年5月24日、北海道美瑛町農家(以下 農家)は、美瑛の観光公害を解決すべく、クラウドファンディング「JAPANKURU FUNDING」にて、目標金額100万円「畑看板プロジェクト」に挑戦いたします。北海道美瑛町は年間の観光入込客数が160万(※1)を超える人気観光地。しかし、観光客が農地に無断で侵入し、農作物を踏み荒らすなどの観光公害が深刻化しています。農地と美しい農業景観を守るために農家が自ら立ち上がり、プロジェクトスタートの資金調達のためクラウドファンディングに挑戦します。
(※1) 平成30年度美瑛町町勢要覧 P11

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184433/LL_img_184433_1.jpg
クラウドファンディングページ

 ▽プロジェクトページURL
https://japankurufunding.com/projects/bieiprotection/

 ■クラウドファンディング概要
募集期間:5月24日(金)16時~6月28日(金)
目標金額:100万円
リターン:美瑛産農産物、中西敏貴オリジナルプリント他多数

 ■リターンについて
美瑛の農家が育てたとびっきり美味しい旬の野菜と感謝の思いを詰め込んだ、美瑛農家からの「感謝の野菜セット」と写真家 中西敏貴氏が本プロジェクトに賛同し、彼のオリジナルコンテンツ(写真プリントや写真集など)を今回特別にリターンとして提供いたします。

 ■畑看板プロジェクトとは
農業景観をバックにベストショットが撮影できるスペースを設け、農地所有者の名前を明記した看板を設置。看板には、農家とつながるいくつものユニークな仕掛けを入れ、QRコードで実現いたします。QRコードは農家のメッセージ動画、SNSやECサイト、協力金の支援を募るサイトにリンクし、農家の思いを観光客に直接伝えることで、農家と観光客、双方がより良い関係を築くための第一歩を願ったプロジェクトです。

 ■JAPANKURU FUNDINGとは
JAPANKURU FUNDINGは、「日本と世界をつなぐプロジェクトを応援する」購入型の越境クラウドファンディングサイト。日本語と中国語、英語の3言語に対応しており、海外からの支援を集めることが可能です。