記事詳細

幻夢戦記レダ 〈4Kリマスター>Blu-ray BOX〉発売記念「幻夢戦記レダ展」開催決定!映画館での上映会プロジェクトも開始!!

 【イベント情報】
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_1.jpg

  来たる6月19日(水)、東宝株式会社より日本アニメ史に残る伝説の作品『幻夢戦記レダ』が4KリマスターによるBlu-ray BOXとして発売されます。この発売を記念して、「幻夢戦記レダ展」の開催と、30数年振りにリマスターされた本編による上映会プロジェクトの開始が決定しました!

 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_2.jpg

 ■ ●「幻夢戦記レダ展」※入場無料
キャラクターデザイン・作画監督、いのまたむつみの原画、当時のラフ画、セル画など貴重な資料を展示!
〇期間:2019年6月19日(水)~6月30日(日)
〇時間:11:00~21:00(日曜・祝日:20:30まで)
〇会場:渋谷マルイ 7階イベントスペース
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-6

 ---------------------------------------------------------------------------------------

 ■ ●ドリパス企画による「幻夢戦記レダ上映会」
〇日時:2019年6月27日(木)19:00~20:10 終了予定
〇場所:TOHOシネマズ日比谷
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2
東京ミッドタウン日比谷4階

★チケットご購入方法
【募集期間:2019年5月30日18:00~6月17日10:00予定】
下記の「ドリパス」Webサイトよりチケットをご購入ください。
https://www.dreampass.jp/e1969

※ご購入にはドリパスへの会員登録(無料)が必要になります。
※応募が50名に達しない場合は、開催されません。ご了承ください。
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/table_184676_1.jpg

 ■ 【Blu-ray商品情報】

 2019.6.19 Blu-ray発売
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_3.jpg
<4Kリマスター>Blu-ray BOX(初回限定生産)
表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/table_184676_2.jpg

 品番:TBR29152D/POS: 4988104121523/1層(BD25G)/1080p High Definition/本編:70分
音声:(1)日本語 2.0 リニアPCM/映像特典:1劇場予告 、2海外向けプロモーションフィルム
封入特典:●キャラクターデザイン・作画監督:いのまたむつみ描き下ろしアウターケース ●劇場パンフレット&ビデオパンフレット【各24ページ縮小復刻版】●「幻夢戦記レダ」アートワークス(イラスト・原画集、設定資料など未発表資料を多数掲載、全116ページの豪華スペシャルブックレット)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_4.jpg
<BOX収録内容>
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_5.png
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_6.png
(1)アウターケース
キャラクターデザイン・作画監督:いのまたむつみ描き下ろしによる三方背仕様。
(2)本編Blu-rayディスク
35mmネガからスキャンした4Kリマスター使用のBlu-rayディスク。
(3)劇場パンフレット縮小復刻版(24ページ)
相関図・スタッフキャストコメント等を掲載。
(4)ビデオパンフレット縮小復刻版(24ページ)
スタッフキャストコメント等を掲載。
(5)「幻夢戦記レダ」アートワークス(116ページ)
初期スケッチを含む、いのまたむつみイラストギャラリー・レイアウト・原動画・設定資料・作品解説を収録。

 ■ 【作品情報】
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_7.jpg

 イントロダクション
OVA黎明期の1985年に発表された本作。キャラクターデザイン・作画監督を務めた、いのまたむつみ(「宇宙皇子」「テイルズ オブ」シリーズ)の描く魅力的なキャラクターは大きな話題となり、今なお人気の高いいのまた作品の代表作のひとつとなった。監督は「ポケットモンスター」シリーズの湯山邦彦、音楽は「エヴァンゲリオン」シリーズの鷺巣詩郎。そのほかに気鋭の若手アニメーターが多数参加したアニメーションのクオリティは高く評価され、OVAにも関わらず、のちに劇場公開もされるヒットとなった。迷い込んだ異次元世界で鎧姿になって戦う主人公・朝霧陽子は現在でも続く「戦う美少女」キャラを代表するキャラクターのひとりとなっている。
この日本アニメーションの金字塔が、数々の豪華特典を収録した限定生産BOXとして初ブルーレイ化!
(カラー/70分/スタンダード/1985年3月1日OVA発売/1985年12月21日劇場公開 映作『吸血鬼ハンター"D"』)

 ストーリー
17歳の多感な女子高生、朝霧陽子。ある日、彼女は恋する人への想いを込め、自ら作った曲を手に、想いを告白しようとするが、自らの不安に負け、告白する事が出来なかった。後悔の念にとらわれる陽子。次の瞬間、彼女の身体はこの世界から消え去っていた。陽子のとばされた世界<アシャンティ>は、時空を司る女神、“レダ”に見離され、今や廃墟となりつつあった。次々と現れる不可思議な生き物に、驚きとまどう陽子。そして彼女に襲いかかる謎の兵士達。全てを解くカギは、彼女の作った曲にあった。彼女の曲が失われたレダパワーを復活させる、レダのハートになっていたのだ。
一見とぼけた風のリンガムや、伝説を信じ、たった一人で果敢に戦い続けるレダの巫女ヨニらと出会い、レダの戦士として目覚めた陽子は、レダパワーを悪用し、次元を超え陽子の世界たるノアを征服せんとするゼルに戦いを挑んでゆく。それは又、彼女自身の弱い心との戦いでもあった……。

 <スタッフ・キャスト>
監督:湯山邦彦/脚本:武上純希、湯山邦彦/
キャラクターデザイン・作画監督:いのまたむつみ
メカニックデザイン・イメージ設定:豊増隆寛/音楽:鷺巣詩郎
声の出演:鶴ひろみ/池田秀一/富山 敬/坂本千夏

<著作権表記>
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/184676/img_184676_12.png

 1985 TOHO CO., LTD.

 <発販表記>
発売・販売元:東宝株式会社