記事詳細

渡邉美樹氏、ワタミ経営復帰へ 議員に転身以来、6年ぶり

 外食チェーン大手のワタミは24日、創業者で参院議員の渡邉美樹氏(59)を取締役に選任する人事案を発表した。渡邉氏は夏の参院選に不出馬の意向を表明しており、議員に転身した2013年以来、6年ぶりの経営復帰になる。清水邦晃社長(48)は続投する。

 人事案は6月24日の定時株主総会で、参院議員任期満了後の7月29日以降に渡邉氏から了承を得られることを条件に提案する。取締役としての担当は未定だとしている。

 渡邉氏は1984年にワタミの前身企業を創業し、国内有数の居酒屋チェーンに育てた。