記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】「民泊」で異文化交流を楽しみつつ収入も (1/2ページ)

 民泊サービス大手エアビーアンドビーではシニア世代のホストが活躍していると以前紹介したが、実際に東京都目黒区で部屋を提供している瀧澤慶太郎さん(67)に話を聞いた。瀧澤さんは大手電機メーカーを経て社団法人に勤務し、退職後エアビーアンドビーに登録した。瀧澤さんはメーカー時代、欧米に赴任し、海外に行く機会も多かったという。

 「現地の人たちには本当にお世話になりました。今度は若い世代の人をお迎えし、日本の文化を伝えたいと思いまして」(瀧澤さん)

 単なる収益目的ではなく、異文化交流を楽しみたいという気持ちが大きかったという。瀧澤さんの物件に泊まる人は、ほとんどが欧米人だが、たまに海外駐在の日本人や国際結婚した人が子連れで里帰りして家族での滞在に利用することもあるらしい。「ホテルだとツインとかダブルが多いですよね。家族連れで過ごせるこういう場所を探す人も多いようです」

 約50平方メートルの部屋に、風呂、キッチンはもちろんドラム式洗濯機や炊飯器、食器などがそろっていて、家族でしばらく滞在することが十分に可能そうだ(まだまだ日本には少ないコンドミニアム・スタイル)。

 そもそも、この場所は賃貸に出していたが、息子さんの意見で民泊に切り替えたという。「この近くで息子もエアビーアンドビーをやっていたときは私が面倒をみていました」。親子間のコミュニケーションに役立ったかもと瀧澤さんは笑う。

関連ニュース