記事詳細

【ネット騒然銘柄】令和初のIPO銘柄「バルテス」好発進!

 5月30日発行分の当欄で「IPO(新規公開)市場から資金が逃げている」とのトレーダーのコメントを紹介した。しかし、やはり彼らは一筋縄ではいかないようだ。

 31日にマザーズ市場に新規上場したソフトウエアテストのバルテス(4442)。令和初となる新規上場銘柄ということで注目度は高く、初値は公開価格の2・75倍となる1820円と上々の滑り出しだ。当日は絶叫アトラクション並みの値動きとなり、2ちゃんねるの株板では株価が上下するたびに悲鳴と声援が飛び交う展開に。ただ、上昇して引けたため、株系掲示板上では「この地合いでよく戻した」「素晴らしい」など称賛の声が並んだ。

 独立系VCのフューチャーベンチャーキャピタル(8462)。同社が大株主の自動運転ベンチャー、ZMPの上場絡みの思惑で再び仕手化している。同銘柄の株価は同じネタで一度暴騰したものの、その後は右肩下がりとなっていた。ネット上では「やめとけばいいのに」など乾いた意見が多数派。確かな材料は出ておらず、いま買うのは完全にギャンブルだろう。(新井奈央)

 【2019年06月04日発行紙面から】

関連ニュース