記事詳細

【トップ直撃】目指すのは“本のショールーム” 図書館流通センター・谷一文子会長「人と接することのできる人材育成を」 (1/3ページ)

★図書館流通センター・谷一文子会長(60)

 全国にある図書館の9割が導入するデータベース(DB)を作成し、500以上の図書館の運営に携わる図書館流通センター(TRC)を率いる谷一文子会長(60)。活字離れや電子書籍の普及が進む中、デジタル化やイベント開催など「本のショールーム」としての図書館づくりに挑戦している。誰もが幼少期から親しんだ学習の場も、変革の最先端を歩んでいる。(海野慎介)

 --主力事業は何ですか

 「書名、著者名など本のDBを作り、全国の公共図書館の9割に導入していただいています。(公共施設の管理運営を企業やNPOなど法人や団体に代行させる)『指定管理者制度』を通じて図書館運営や窓口業務をしているほか、背ラベルやバーコードを作るなど、表に出ない仕事が主力です」

 --民間企業が参入したきっかけやメリットは

 「1番は人材が不足している点です。『開館時間を長くしてほしい』『休館日を少なくしてほしい』などのニーズがありますが、民間が参入することによって延長もできたと思います。『もっとにぎわってほしい』との要望もあり、イベントなどを企画しています。自治体だと決裁が遅い、予算が通らないなど融通が利かない面もありますが、われわれならスピード感も違うかなと思っています」

 --具体的な事例は

 「神奈川県大和市の文化創造拠点『シリウス』では毎日イベントを開催しています。図書館は『健康』をコンセプトに運営しています。お客さんが自由に好きなように利用するということで、『ワイワイ』『ガヤガヤ』しています」

 --「静寂を保つべき」場所から変わっていますね

 「図書館の中は以前とは逆転して、静かにしたい人が部屋で静かにしてもらう形になっています。神奈川県の中央林間駅前でも、商業施設の中に図書館があります。喫茶店もあって壁がなく、フロアの半分が図書館というイメージです。貸し借りも全自動で、ICで管理されているので、パッと借りて帰れます」

 --どのようなキャリアを歩みましたか

 「入社当初は、花形のデータ部にいました。1980~90年代は図書館ブームで、自社や東大文学部などでデータ入力もしました。その後は、大学などにDBの営業をかけました。関西の大学などでは『何の会社?』といわれたこともありましたが実績を積むうち、仕事も増えていきました」

関連ニュース