記事詳細

東証終値、2万1千円割れ 円高警戒で3日ぶり反落

 18日の東京株式市場は、日経平均株価(225種)が3営業日ぶりに反落した。円高進行が警戒されたほか、米国の金融政策を議論する米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、利益確定の売り注文が優勢となった。終値は前日比151円29銭安の2万0972円71銭。7日以来、約1週間ぶりに2万1000円を割り込んだ。

 東証株価指数(TOPIX)は11・07ポイント安の1528・67。出来高は約10億2300万株。

 18、19日の米FOMCで、米利下げの可能性を見極めたいと様子見姿勢が広がった。米景気減速への不安や米利下げが実施された場合の日米金利差の縮小を意識し、円相場が対ドルで上昇したことも株式市場の押し下げ要因となった。下げ幅は一時200円に迫った。

 トランプ米大統領が不法移民の排除手続きに着手する考えを示したことも悪材料となった。米中貿易摩擦の長期化懸念も加わり、世界経済への影響が改めて警戒された。