記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「無題」》NYで意外な行列!  (1/2ページ)

 2年前に米ニューヨークに進出した日本のステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」(ペッパーフードサービス)が苦境にある。昨年9月には日本の外食チェーンとして初めて米ナスダック取引所への上場を果たしたが、このほど上場廃止を発表した。

 「いきなり」は2017年2月にニューヨーク第1号店を開店させて以降、急ピッチで店舗数を拡大し、一時はニューヨークで11店舗まで増えた。だが、客足は伸びず、今年2月に11店舗のうち7店を閉鎖すると発表。残る4店のうち2店は、別ブランドの「ペッパーランチ」に転換している。

 約2年前に第1号店の取材に行ったが、「立ち食いスタイル」の目新しさで、米メディアも集まるなど話題に。開店直後には、店舗前に若者が列を作る姿が見られたほどだ。だがマンハッタンで2号店、3号店と広げていくうちに、客数は次第に少なくなっていった。

 当初こだわった「日本流」から「米国流」に徐々に転換。立ち食いから着席スタイルに変え、不要だったチップ制度も取り入れた。また米国人に人気の「モチアイス」などデザートメニューも充実させたが、有効な改善策とはならなかったようだ。