記事詳細

【一生働く!】第二の人生のきっかけ作りに「東京セカンドキャリア塾」 (2/2ページ)

 ■仲間とつながり次のステップへ

 同事業の講座は、受け身の講義ではないグループワークを取り入れた内容が多く用意されていたのも大きな特徴だった。65歳以上が集まり、新しく仲間ができる機会が少ない今、グループワークをすることで仲間ができる。自分の意見を述べる機会や、同じ目標・課題を持つ仲間とのつながりが持てたことが受講者に好評だったという。

 「講座修了者の7割近くが自分の道を決めて卒業しました。同じ講座受講者5人でNPO法人を立ち上げた方や、仲間の就労決定に感化され『自分も何かしなくては』と次のステップに踏み出した人もいて、相乗効果が生まれました」(稲見さん)

 受講修了者の多くが、新たなチャレンジをして第二の人生をスタートしたことは、同事業の目標達成であり、東京都としてはこれを継続していく考えはあるという。同社としても、今回の経験を基にシニア人材へのより良いアプローチをさらに検討していく。(「オレンジ世代」取材班)

関連ニュース