記事詳細

東証大幅反発、420円高 前日の急落分取り戻し

 19日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。米中貿易摩擦への懸念から18日に売られすぎたとして、買い戻しが膨らんだ。終値は前日比420円75銭高の2万1466円99銭。18日は422円94銭安で、急落分をほぼ取り戻した形となった。東証株価指数(TOPIX)は29・69ポイント高の1563・96。

 18日のニューヨーク市場で主要な株価指数が上昇したのが安心感につながり、朝方から大半の銘柄が買われた。機械や電機、自動車といった製造業関連の値上がりが目立った。19日の上海市場が前日終値を上回って推移したのも好感し、平均株価は徐々に上げ幅を広げた。

 ただ東京証券取引所第1部の売買代金は約1兆9200億円で、活況の目安とされる2兆円に届かず、取引そのものは低調だった。出来高は約11億900万株。大手証券関係者は「売り注文が少ない中、小口の買いで値上がりしていった印象だ」と話していた。