記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】会社員生活で得た知識・経験を活用…地域貢献活動を事業に

 本記事でも紹介してきたが、会社員生活で得た知識や経験を活用し、地域課題の解決にボランティアとして役立てようとするプロボノ活動。社外活動ではあるが、自社社員のプロボノ参加を認めたり、奨励したりする企業が増えている。

 そんな後押しもあり、本業とは違う分野での活動で新たな知見を得られたり、人的ネットワークを広げたりすることが可能といわれ、本業と並行して地域貢献活動に取り組む会社員が増えている。定年後、男性会社員が地域社会に溶け込めないことが問題視されているが、このような活動をしている人にはそんな心配は少ないかもしれない。

 シニア起業家には、取り組んできた地域貢献の仕事を定年後も自分の事業として続けようと法人を立ち上げる人もいる。大きな収益を目指すのではなく、地域に溶け込み、人に感謝されながら継続的に仕事を行う、定年起業のひとつのあり方といえよう。

 今までボランティアでやってきたことを起業して事業化したい、または地域に根差したコミュニティービジネスを始めたい。地域貢献を目的としたNPO法人、一般社団法人などを立ち上げたい。そんな思いのある方は、公的な起業支援制度を探してみてはどうか? たとえば首都圏在住の方には、神奈川県生涯現役促進協議会主催の「初心者のためのセカンドライフ起業スクール」を紹介したい。事業計画の立て方など基本的なことが無料で学べる。8月から10月の土曜日の午前中開講なので会社に勤めながらでも参加可能だろう。8月6日締め切りだ。詳細はHP(「初心者のためのセカンドライフ起業スクール」で検索)。(取材 構成 藤木俊明)

 【銀座セカンドライフ】定年前後の起業サポートのほか、セミナー・交流会の開催、レンタルオフィスの運営も行う。片桐実央代表は起業コンサルタント、行政書士、FPとしてテレビ出演も多い。近著は『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)。

 ■夕刊フジ経由で入会→レンタル料1カ月分無料

 【夕刊フジ定年起業応援サロン】

 銀座セカンドライフのレンタルオフィス「銀座アントレサロン5号店」(東京都中央区築地4-7-3 築地ファーストビル6階)内に開設。本店登記や郵便・電話対応、OA機器の利用が可能で、会員は首都圏12カ所の他のサロンも自由に利用できる。夕刊フジ経由で入会すると、フリーデスクプラン(月額9505円)が1カ月無料。問い合わせはkigyo@fujinews.comまたは銀座セカンドライフ0120・08・4105。

関連ニュース