記事詳細

【トップ直撃】強さの秘密は「商品力&営業力」 ピップ・松浦由治社長「体と心の健康を目指す商品やサービス、情報を提供」 (1/3ページ)

★ピップ・松浦由治社長(61)

 磁気治療器の「ピップエレキバン」「ピップマグネループ」、着圧ソックス・ストッキングの「スリムウォーク」など多くのヒット商品を世に送り出してきた。実は「シャンプーハット」も半世紀にわたるロングセラーだ。創業111年の老舗を率いる社長は、プライベートでは熱烈な広島カープファンだ。(中田達也)

 --ピップエレキバンは1972年以来のロングセラーですが、強さの秘密は

 「47年続いているというのは商品力だと思います。個人差はありますが、肩や首が楽になったという声をいただきます」

 --当時の会長が商品名を連呼するテレビCMのインパクトは大きかったですね

 「CM費用を惜しんだのかどうかは分かりませんが、素人のよさを前面に出したCMを作っていただき、知らない人がいないぐらいのブランドになりました。その財産はいまも持ち続けてきていると思います」

 --CMがヒットにつながった?

 「CMで火が付いた時点で、小売店に商品が配置されていたので、お店に行けばちゃんと買えたということも大きかったようです。宣伝力と営業力によるものだと思います」

 --商品力の改善は

 「一つは磁石の強さですね。家庭用磁気治療器の磁束密度は200ミリテスラが上限と定められていますが、その最高水準の商品もあります。もう一つは、エレキバンを肌に張る際の工夫ですね。のりを強くすると人によってはかぶれやすくなり、弱すぎるとはがれやすい。絆創膏メーカーさんと研究しながら改良を続けています」

 --顧客層は

 「エレキバンは50~60代以上の方に使っていただくことが多いですね。男女比は2対8ぐらいです。ネックレス型のマグネループは30~40代の方も多く、男女比は4対6といったところですね」

 --スマートフォンによる首のコリや痛みも現代の悩みです

 「マグネループのCMでは、ろくろ首ならぬ“スマホッ首”の恐ろしさを打ち出して売れ行きが伸びました」

 --スリムウォークも発売から20年になります

 「足のむくみに悩む女性向けに、外出時や帰宅時、就寝時などシーン別に商品を用意しています」

 --スポーツ用サポーターやテーピングのブランド「プロ・フィッツ」にも注力していますね

 「人生100年時代でスポーツをする人が増えるなか、パフォーマンスを上げ、けがを予防するという狙いです。ドラッグストア内にスポーツ関連の売り場を展開することも提案しています。4本目のブランドとして確立できればと考えています」

関連ニュース