記事詳細

ソフトバンク「155億円」の赤字転落 孫正義会長も認めた「倒産危機」 専門家「出資先の新興企業に悪材料が続けば危うい」 (1/2ページ)

 策士策におぼれたのか。投資の失敗が響き、9月中間連結決算で155億円の営業赤字(前年同期は1兆4207億円の黒字)に転落したソフトバンクグループ。強気でならす孫正義会長兼社長(62)が、市場で流れる「倒産説」を「ある意味で正しい」と認めるほどだから、非常事態だといえる。

 「『ソフトバンクはもう倒産するのではないか』という報道があった。市場がそのように見ているなら、ある意味では正しいと思う」

 孫氏は6日の決算会見でこう述べた。携帯電話事業を切り離し、投資に特化しているソフトバンクグループは10兆円規模のファンドを通じて「ユニコーン」と呼ばれる海外の有力新興企業に投資し、収益を上げてきた。

 ところが今回は出資先の共有オフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーが経営難となり、ファンド事業で約5700億円の損失を計上した。さらに同社に総額約1兆円の支援を計画しており、再建が難航すれば損失が膨らむ恐れもある。孫氏は「私の投資判断がまずかったと大いに反省している」と失敗を認めた。

関連ニュース