記事詳細

1500円の高級ちゃんぽんが登場 リンガーハットが挑む郷土愛とビジネスの両立 (1/2ページ)

 長崎の伝統料理を提供する「長崎しっぽく浜勝 銀座本店」(東京・中央)は、11月13日、「銀ぶらちゃんぽん」(税別1500円)を発売する。1日限定30食で、ランチのみの提供となる。同店は、リンガーハットグループの創業ブランドである「長崎卓袱(しっぽく)浜勝 長崎総本店」(長崎市)の東京進出店という位置付け。1500円の高級ちゃんぽんを投入することで、どんな効果を狙っているのか。

 ◆長崎の伝統料理を守る使命

 銀座本店は、18年11月にオープンした。客席数は65席(個室4室)で、長崎の伝統料理である「卓袱料理」を提供しているのが特徴だ。料理に使う素材や酒などは、なるべく長崎県産にこだわっている。

 リンガーハットの米浜和英会長は「卓袱料理の名前を聞いたことはあっても、実際に食べたことがない人は長崎にもいる。長崎では歴史ある料亭が少なくなっており、提供する場所が減っている。食が多用化する中で、格式と伝統を保ちながら、卓袱料理を東京に広めていきたい」と語った。長崎発祥の企業として、伝統的な長崎料理を守りたい。その使命を担うのが銀座本店の位置付けだ。

 ただ、現時点で、経営は順調とはいえない。同店の支配人によると、目標の年商は30億円だが、実績は半分程度にとどまるという。月間客数は600~650人なので、単純計算で倍にする必要がある。集客の要として期待されているのが、新しく投入する高級ちゃんぽんなのだ。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース