記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】楽天が19年「ヒット番付」発表! 東「増税前駆け込み需要」 西「元年消費」 (1/2ページ)

 楽天が「ヒット番付2019」を発表した。楽天市場など同社の各サービスの購買・予約データを分析し、この1年の消費動向や社会情勢を振り返ることで、今年のトレンドと来年のヒット期待株を選ぶというものだ。同社の「トレンドハンター」が楽天の購買データだけでなく、SNSや海外の消費動向など、あらゆるデータソースをもとに分析した。

 今年は東の横綱が「増税前掛け込み需要」、西が「元年消費」となった。「駆け込み需要」では高額消費とキャッシュレスへの関心が高まり、高額家電製品がたくさん購入されたり、リフォームの注文が集中したという。また、ポイント還元などが期待できるキャッシュレス決済を利用する人が急増したらしい。

 一方、「元年消費」では令和参拝で伊勢方面への旅行や御朱印帳がヒットしたほか、令和元年の日付を狙った改元祝賀ムードの駆け込み婚や、令和の引用元ということで万葉集が驚異的な売れ行きを記録したという。

関連ニュース