記事詳細

【定年後・自走人生のススメ】「老後2000万円問題」チャレンジ派の「自走人生」願望を阻害する結果に? (1/2ページ)

 定年後研究所が、40~64歳の現役会社員を対象に行った「70歳定年に関する調査」で、約7割もの中高年社員が、「65歳以降の理想の働き方は、現在と同じ会社で働くこと」と考えていることがわかった。

 その理想の実現可能性では、「可能性あり」と“楽観視”している人が、全体の半数いる一方で、「どちらともいえない」や「可能性なし」と“悲観的”にとらえている人もほぼ同数いる。

 これは、理想の働き方を「現在と同じ会社で…」とする安定志向派、「兼業・起業、フリーランスなどで積極的に…」というチャレンジ派の双方に共通する。つまり、「理想と現実のギャップ」に不安を覚えたり、戸惑っていたりする人も多いのである。

 理想の実現を「阻害する要因」は何なのだろうか? 調査では次のような経済的な理由を、阻害要因にあげる人が圧倒的に多い。

 ・65歳時点で老後の蓄えが十分にできていると思えないから

 ・年金だけでは十分でないので、年金に加えて安定的な収入が必要だから

 ほかにも「たとえ老後の蓄えがあったとしても、65歳以降も安定的な収入があった方がよいから」という、やや心配しすぎと思われる経済的理由もそこそこ多い。

 なぜ、このように悲観的で慎重な経済的理由に大きく傾いているのだろう。考えてみたところ、「老後は2000万円」のキャッチフレーズに行き着いた。この調査を実施したのは今年8月である。金融庁が今年6月に公表した報告書の内容が、「老後資金2000万円問題」として騒がれていた最中であった。

 実際の騒動は、金融庁の報告書の本来の内容とはあまり関係のない論点で起こっていたのだが、あれだけ世の中が「老後のお金不安」一色に染まってしまうと、調査回答への一定の影響は否定できないのだろう。

関連ニュース