記事詳細

【家電の世界】軽量化図り、よりパワフルに! 日立のサイクロン式クリーナー「パワかるサイクロンCV-SP900G」 (1/2ページ)

 日立グローバルライフソリューションズのサイクロン式クリーナー「パワかるサイクロンCV-SP900G」と、コードレススティッククリーナー「パワーブーストサイクロンPV-BH900G」は、いずれも軽量化を図りながら、高いパワーを実現しているのが特徴だ。

 5年ぶりのフルモデルチェンジとなった「パワかるサイクロンCV-SP900G」は、電源コードや本体樹脂部、モーターなどを軽量化することで、本体質量は2・5キロと、従来モデルから約1キロもの軽量化を達成。移動や取り回しが楽になった。

 小型ファンモーターは、吸込仕事率300ワットの強力パワーを実現。ダストケースに新たな集じん構造を採用したことで、空気の流れを利用してダストケース下部に集めたごみをしっかり圧縮、内筒部分のフィルターに、髪の毛などがからまりにくくなり、お手入れも楽になった。市場想定価格は、8万5000円前後(税別)。

 「パワーブーストサイクロンPV-BH900G」は、本体重量1・4キロと軽量化を図りながら、日立独自の「小型ハイパワーファンモーターX4」や、強い旋回気流でごみと空気をキレイに分離する「パワーブーストサイクロン」などにより、コードレスでもメインの掃除機として使える吸引力を実現した。

 新機能として「ターボ」モードを搭載。ボタンを2度押しすると、5秒間に渡って、「強」モードよりも強い吸引力で掃除。じゅうたんの奥に入り込んだごみをしっかりと取ることができる。自走式のパワフルスマートヘッドは、押すときだけでなく、引くときもごみを吸い取る。

関連ニュース