記事詳細

“世界で最も心地よい”スニーカーは、日本でも爆売れするか (1/4ページ)

 世界的にかなり注目されている興味深いシューズブランドが日本に初上陸するという話を耳にしたのは2019年末のことだ。

 なんでも、米タイム誌に「世界で最も心地よいシューズ」と評されたと聞いたこともあって、「一体どんなシューズなのか」と先日、その発表会に出席した。取材前に調べたところ、歴史ある米グッド・ハウスキーピング誌の研究所が行った調査でも、回答者の91%がそのシューズの「心地よさ」で最上級のスコアを付け、「雲の上を歩いているかのような心地よさ」という評価をしている人もいたそうだ。

 そのシューズブランドは、米サンフランシスコに本部を置く「オールバーズ(Allbirds)」だ。自然に優しいシューズを販売するという触れ込みで、原宿駅の真ん前に、世界で15店舗目となる日本第1号店をオープンした。

 最初は「今はやりのSDGsのブランドか」という印象だったが、どうもそれだけではないらしい。これまでにないような独自のシューズを作り、好評を博している。

 しかも環境問題に関心が高いセレブなどもこのシューズを履いており、話題になっている。例えば、米人気俳優マシュー・マコノヒー、アシュトン・カッチャー、ベン・アフレックなどがプライベートで履いているのがパパラッチされたり、映画『ハリー・ポッター』シリーズの英女優エマ・ワトソン、米女優グウィネス・パルトロウ、またバラク・オバマ前大統領も愛用している。しかも米俳優レオナルド・ディカプリオに至っては、このブランドに出資すらしている。

 ではなぜこのブランドがそこまで評価されているのか。同ブランドについて調べると、確たる「戦術」をもってここまで上り詰めたらしいことが分かる。そこで、今世界で最も注目されているシューズを作る同社が成功した秘密を探ってみたい。

 ◆元サッカー選手が“環境に優しい”を追求したスニーカー

 オールバーズが最初にビジネスに乗り出したのは2013年のこと。元サッカー選手でニュージーランド代表選手も務めたティム・ブラウン氏が、プロサッカー選手を引退した後で、環境に優しい素材を使ったスニーカーを作ろうと考えた。というのも、現役時代にスポンサーから提供されたスパイクはどれも派手で、メーカーのマークがドカンと付いていたことから、もっと控えめで履き心地がよく、さらにサステナブルなスニーカーがあればいいのに、と思っていたからだ。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース