記事詳細

東証反発、31円高 新型肺炎には警戒感

 24日の東京株式市場で日経平均株価(225種)は反発した。不動産や陸運など内需関連株や、市況改善期待から半導体関連株が買われた。終値は前日比31円74銭高の2万3827円18銭。中国で発生した新型コロナウイルス感染による肺炎拡大に対する警戒感から、上げ幅は限定的だった。

 東証株価指数(TOPIX)は0・06ポイント安の1730・44。出来高は約9億6500万株。国内で2例目の肺炎患者が確認されると、先行き不安が広がり平均株価が下落する場面もあった。

 午後に入ると日銀の上場投資信託(ETF)購入観測が相場を下支えした。上海市場は春節(旧正月)の大型連休入りで休場。「大勢の中国人が国内外を移動するため、感染状況を見極めたい」(大手証券)と慎重な見方が目立った。