記事詳細

【トップ直撃】チームで健活! 健康増進へ「寄り添います」 タッグ7年目、Jリーグとは「共創フェーズ」 明治安田生命保険・根岸秋男社長 (1/4ページ)

 ■新保険の完成形へ

 「人生100年時代」に向けて必要なものは何か。お金、仕事…欠かせないのは「健康寿命」だ。明治安田生命保険は「みんなの健活プロジェクト」と銘打ち、1人では難しい健康増進への取り組みを「MYライフプランアドバイザー」が対面で、そしてJリーグとの協働で地域から、前向きに応援している。(中田達也)

 ■社内でも成果顕著

 --「みんなの健活プロジェクト」の問題意識を教えてください

 「人生100年時代に向かっていくときに、平均寿命だけ延びて健康寿命がいまのままだったら、たいへんなことになると考えています。健康寿命の延びが平均寿命の延びを上回れば、社会保障の基盤は強固になり、企業としても従業員にできるだけ長く働いてもらいたいとイメージできます。個人も健康度を保って人生を歩むことは幸せです。どのステークホルダーからみても健康増進というのは共有できるテーマなんです」

 --生命保険会社が取り組む意義は

 「社会保障制度の補完をすることは、民間生命保険会社のミッションです。業界全体で健康増進を応援していこうという流れになっています」

 --明治安田生命の取り組みはどんな特徴がありますか

 「健康増進は1人で始めるのは難しく、継続するのもたいへんで、型にはめても続かないという面があります。アフターフォローに力を入れてきた明治安田としては、対面の伝達力を生かしてお客さまに気付きや刺激を届けることで行動変容につなげたい。そばに寄り添って一緒に取り組みましょうというのが大きなコンセプトです」

 --具体的な商品としては

 「毎年の健康診断結果に応じて一部をキャッシュバックする保険『ベストスタイル健康キャッシュバック』があります。ご加入いただいたお客さまには、健康診断結果から未来の疾病リスクを予測してフィードバックする『MY健活レポート』も提供しています」

関連ニュース