記事詳細

【ABS世代が「シニア」を変える】日本の英知を結集“生き方イノベーション”のシンクタンク 老化のメカニズム研究をベースに新たな「価値」提供 (1/2ページ)

 今回は私(鈴木)とABS研究会メンバーのワタナベカツアさんとで考えた、ユニークなアイデアをお披露目しましょう。今までまったくなかった、新たな価値を生み出す異業種協業のシンクタンクの設立アイデアです。

 核となるのは、世界最先端の学際的エイジング学「ジェロントロジー」です。その思想を踏まえ、「世界一の健康長寿先進国・日本」の英知を結集したウェルネスコンテンツのシンクタンクを、食や健康、美に関連する日本のリーディングカンパニーが協業して設立するのです。そして具体的なビジネスや製品化を行い、シンクタンク発のコラボレーションブランドを展開します。

 シンクタンク名は、ずばり「ジェロン・イノベーション・センター」。人生100年のライフシフト時代を背景に、中高年世代は年を重ねることをポジティブに受け入れることができ、若い世代にはカッコいいオトナたちに触れることで年を重ねることが楽しみに思えるような生き方を考察する組織です。ワクワクすることで分泌されるハッピーホルモンで健康寿命を伸ばし、「新しい生き方のイノベーション創出」により、日本だけでなく世界を活性化させるのです。老化のメカニズム研究をベースに、新たな価値を提供しようというのが目的です。

関連ニュース