記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】始業前に仕事をした場合は…残業になる? (2/2ページ)

 ただ、これには大前提として労使協定が必要です。あまり知られていないかもしれませんが、法定労働時間を超えて働くには、時間外労働のルールを定めた労使協定である、いわゆる「36協定」が締結されていなければ、会社が労働基準法違反に問われます。

 なお、今回の質問者は事務系の職種でしたが、例えば接客業では、開店準備をしたり、制服へ着替えたりする必要がある方もいます。もし、「開店時間=始業時間」とされているのに、会社の方針や上司の指示で、早く出勤して店の掃除や着替えをしなければならない場合、その時間も労働時間にあたる可能性がありますので、注意が必要です。

 「連合なんでも労働相談ダイヤル」(フリーダイヤル0120・154・052)では、労働問題のほか、労働組合づくりの相談などにも対応しています。職場での悩みや疑問、お困りのことがありましたら、お気軽にお電話ください。(連合企画局 関根新太郎)

 サラリーマンの相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。

関連ニュース