記事詳細

ギョーザの年間購入額、宇都宮市が首位奪還!

 「ギョーザのまち」をPRする宇都宮市が7日、総務省が発表した2019年家計調査で、世帯当たりのギョーザの年間購入額で1位に返り咲いた。近年、浜松市と首位争いを繰り返していた。

 総務省調査を基に宇都宮市が集計したところ、全国の県庁所在地と政令指定都市で、ギョーザの1世帯当たりの購入額(外食や冷凍食品を除く)は、宇都宮市が4359円で1位。2位の浜松市の3506円を大きく引き離した。

 14~16年は浜松市が首位で、17年からは両市が1年ごとにトップの座を奪い合っている。

 宇都宮市は18年、有名店が並ぶ飲食街を「餃子通り」と命名しPRを進めてきた。佐藤栄一市長は「ギョーザはまちづくりの一つの柱。五輪で国内外から多くのお客さまにお越しいただく機会があるため、さらに盛り上げていきたい」とコメントした。

 浜松市の鈴木康友市長は「残念ながら2年連続日本一を達成できなかった。今後も浜松市と宇都宮市が中心となって、日本のギョーザ文化を盛り上げていきたい」とのコメントを出した。

関連ニュース