記事詳細

【今日から始める10万円株】新型肺炎の収束見えずも…「上方修正銘柄」の押し目買い好機 (1/2ページ)

 日経平均株価が1月17日の高値から1000円以上調整するなか、新型肺炎関連株が株式市場を席巻している。

 日々の値上がり、値下がりランキングには関連株がズラリ。2月3日、タイの医師団が新型肺炎の治療法を見つけたと報じられたが、それを嫌気し、大きく売られた関連株もあった。

 中国国内の患者数は日に日に増える一方であり、デマや憶測を交えた記事も飛び交っている。中国人民銀行は2日、金融市場に1兆2000億元(約18兆5000億円)の資金供給を発表したが、3日の上海総合指数は8%近い大幅安で、いまだ収束の道筋は見えていない。

 こんな時は、新型肺炎関連株の超短期取引で値幅を狙うか、様子見を決め込むかのどちらかに徹するべきだろう。

 だが、この状況でも狙い目の銘柄がないわけではない。相場が外的要因(金融危機など深刻なケースの場合を除く)によって急落している場合、有効なのは優良株の押し目買い。外的要因が払拭された時に株価のリバウンドが期待できるからだ。

 今回は、直近で業績を上方修正したにも関わらず、株価がさほど上昇していない10万円株に照準を当てる。

関連ニュース