記事詳細

【トップ直撃】「中華くらげ」「とびっ子」などシーフード総菜の先駆け 「誰も見向きもしなかった」ニッチ食材で世界もとりこ! 大栄フーズ・岡康人社長 (4/4ページ)

 【趣味】 読書。歴史物や地政学の本をよく読む。

 【座右の銘】 《賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ》(ビスマルクの語録から)

 【健康法】 ウオーキングで基礎体力の維持。

 【酒】 焼酎、ワインは2、3杯。

 【信念】 「あまり物にはこだわりません。古い物も重要ですが、世の中は常に新しい物に移行します。イノベーションにはノスタルジアの発想はないと考えています」

 【会社メモ】シーフード総菜の製造、販売を手がける。居酒屋やレストランなど業務店用から、量販店、コンビニ、百貨店など家庭用まで200種類以上のアイテムを扱う。本社・相模原市。1973年、神奈川県座間市に会社設立。77年、相模原市に本社移転。2019年2月期の売上高40億円、従業員数190人(19年1月時点)。

 ■岡康人(おか・やすと) 1941年7月7日生まれ、78歳。広島県尾道市出身。水産大学校卒業後、東京都内の海運会社、水産加工会社を経て28歳で独立、起業する。大栄フーズの会社設立は1973年。

関連ニュース