記事詳細

ソルベイとPDIヘルスケアが特殊ポリマーの消毒剤耐性試験で連携

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210474&id=bodyimage1

 2020年2月21日、カリフォルニア州アナハイム --- ソルベイは、PDI ヘルスケア社が実施した同社の医療用消毒剤とソルベイの各種ポリマーとの適合性研究結果を本日発表しました。感染予防関連製品の市場をリードするPDIヘルスケア社は、ソルベイの協力を得て、ソルベイの高性能特殊ポリマーに対し、性能試験および外観評価試験を実施しました。ソルベイの特殊ポリマーにSani-24(r)、Sani-HyPerCide(tm)、Sani-Prime(r)、Super Sani-Cloth(r)など、PDI社のいくつかの消毒剤を使用する試験を行いました。医療機器には院内感染のリスク抑制のために強い消毒剤が繰り返し使われますが、そこにはソルベイのポリマーが広く使用されています。試験結果の詳細はPDIヘルスケア社のウェブサイトで閲覧できます。

 この発表の時点で、ソルベイのポリマーの93%は高い引張強度を維持し、薬剤曝露による環境応力割れ特性への重要な耐性指標とされる耐衝撃特性については100%が維持していました。外観評価試験では、試験対象となったいずれのソルベイの材料にも表面損傷や表面劣化は認められませんでした。

 「有害なバクテリアを除菌消毒できるほど強力で、しかも医療機器へのダメージを引き起こさないような消毒剤を提供する為には微妙なバランスを取る必要があります」と、PDIヘルスケア社のSean Gallimore上級副社長兼ゼネラルマネージャーは言います。「ソルベイとの協力は、医療機器の開発過程で消毒剤とポリマー材料の適合性を保証するための前向きな一歩であり、さらには医療施設におけるコスト削減と院内感染のリスク軽減に役立ちます」。

 PDIヘルスケア社の性能試験は、ソルベイのアモデル(r) ポリフタルアミド(PPA)、レーデル(r) ポリフェニルサルホン(PPSU)、ベラデル(r) ポリエーテルサルホン(PESU)、ユーデル(r) ポリサルホン(PSU)を使用して行われました。近い将来には、Ixef(r) ポリアリールアミド(PARA)やKalix(r) 高性能ポリアミド(HAPPA)にも試験を行う予定です。外観評価試験は、ソルベイの6種類すべてのポリマーについて実施しました。各試験では、各種抗菌活性を有する複数のPDIヘルスケア社製消毒剤にソルベイのポリマー材料を曝露しました。引張強度およびノッチ付きアイゾット衝撃特性の試験を、それぞれASTM D543「プラスチックの化学試薬に対する体制を評価するための標準試験方法」およびASTM D638「プラスチックの引張特性に関する標準試験方法」に従って実施しました。外観評価試験では、サンプル材料を消毒剤で2週間、毎日12回ずつ拭き、この試験に関与していない3人のPDI従業員が表面の変化を評価しました。

 「ソルベイのお客様が医療業界のトレンドに適応していくためのお手伝いとして、ソルベイは製品に関するテクニカルデータをお客様のエンジニアや設計担当者に提供するなど、広範な支援をしてきました」と、ソルベイ特殊ポリマー事業部の医療担当グローバルビジネスマネージャー、Jeff Hrivnakは言います。「PDIヘルスケア社がソルベイの材料を使って行った今回の試験のように、第三者による試験から得られたデータは、十分な情報に基づく材料選択を可能にし、設計プロセスの迅速化、機器の耐用年数の最適化、そしてコスト抑制に寄与するものと期待しています」。

 これらの試験結果について、ソルベイとPDIヘルスケア社はそれぞれ国際見本市MD&M West 2020のブース2414および368で解説しました。同時に、Sani-HyPerCide(tm)、Sani-24(r)、Sani-Prime(r)およびSuper Sani-Cloth(r)に反復曝露されたソルベイのIxef(r) PARA、レーデル(r) PPSUおよびKalix(r) HPPAを使用した部品も展示されました。

 PDIヘルスケア社について

 PDIヘルスケア社は、介入的ケア、ケア環境、および患者ケアの領域でエビデンスに基づく最先端の製品を幅広く提供しています。いずれも感染予防、コスト抑制に寄与し、ひいては救命に役立つことを目的として開発されたものです。それは、「Be The DifferenceR」というPDI社のモットーの賜です。詳しくは、https://pdihc.com/ をご覧ください。

 ソルベイについて

 ソルベイは先端材料および特殊化学会社で化学品の発展にコミットしており、重要な社会的挑戦に取り組んでいます。ソルベイは、多様なエンド・マーケットにおいて世界中のお客様とパートナーシップを組んでいます。製品は、航空、自動車、バッテリー、スマートデバイス、医療機器、採鉱や石油・ガス採取、効率や持続性の向上に使用されています。軽量化材料はクリーナーモビリティを促進し、フォーミュレーションズは資源活用を最適化し、パフォーマンスケミカルズは大気や水質を改善します。当グループはブリュッセルに本社を置き、61か国に約24,500名の従業員を擁しています。2018年の純売上高は103億ユーロを計上し、純売上高の90%以上を占める事業において、当社は世界のトップクラス3社のひとつに数えられており、EBITDAマージンは22%となります。Solvay SA(SOLB.BE)はブリュッセルとパリにおいてEuronextに上場し(Bloomberg: SOLB.BB - Reuters: SOLB.BR)、また米国(SOLVY)においては、level-1 ADRプログラムで取引されています。財務統計には売却を発表したポリアミド部門が含まれています。

 ソルベイスペシャルティポリマーズについて

 ソルベイスペシャルティポリマーズは、35の高機能ポリマー商品ブランドのもと、1,500以上の製品 - フッ素樹脂、フッ素エラストマー、フッ素系流体、半芳香族ポリアミド、サルホン系樹脂、超高機能性芳香族樹脂、高バリア性樹脂を、航空宇宙産業、代替エネルギー、自動車、ヘルスケア、メンブレン、石油・ガス、パッケージング、配管、半導体、ワイヤー/ケーブル、その他のマーケットに供給しています。

 詳細はhttp://www.solvayspecialtypolymers.comを参照ください。

 本プレスリリースについてのお問い合せ先

 株式会社東京PR ソルベイ担当

 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F

 Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp