記事詳細

【ネット騒然銘柄】コロナ関連の本命に躍り出た「アンジェス」

 いつもネットトレーダーたちの動向を知るために参考にしている大手株系掲示板などのコメント数ランキングでは、徐々に新型コロナウイルス絡みの銘柄が上位から姿を消しつつある。

 現在でも上位に居座っているのは、ワクチン開発で同関連株の本命に躍り出たアンジェス(4563)、テレワーク関連のブイキューブ(3681)の2銘柄くらいのものだ。もちろん、今後新たな材料で上位に浮上する銘柄も出てはくるだろうが、関連株と名の付くものなら何でも買い上げられていた局面は過ぎたことは確かだ。コメント数ランキングにも、本命銘柄を吟味する局面への突入をトレーダーたちが認識していることが表れている。

 一方で、17日はソフトバンクグループ(9984)やトヨタ自動車(7203)、ユニクロを展開するファーストリテイリング(9983)など全体相場への影響力が大きい主力株が上位にランクイン。これまで数々の下げ相場を勝ち抜いてきた歴戦のつわものたちも、今回の相場暴落を眼前に戦々恐々としているのかもしれない。(新井奈央)

 【2020年3月19日発行紙面から】

関連ニュース