記事詳細

【ネット騒然銘柄】ツイッターとパートナー契約締結 「ホットリンク」がストップ高

 相場大混乱のなか、個別の材料でワイワイ騒ぐことに疑問を感じるトレーダーも多いのではないか。

 ビッグデータなどを活用したマーケティング事業を展開するホットリンク(3680)は24日、ツイッターとコンテンツに関するパートナー契約を結んだことを発表し、株価はストップ高した。大手株系掲示板では「激アツ材料」「これはしばらく(ストップ高に)張り付くね」など、久々に前を向いた書き込みが目立つ。

 一方で「みんなやられまくってるし、少し上がればすぐ利食うだろうから続かないよ」という書き込みも。いつ相場が急落するかわからない状況だけに勝てる時には確実に勝っておきたいと考えるのは自然だ。

 情報セキュリティーを手掛けるテリロジー(3356)はテレワーク関連の有望株とも目されているが、ここにきて株価の暴落に耐えきれなかった大物トレーダーが、自らの保有リストから同銘柄を外したことがネット上で話題に。コロナ・ショックによって「億トレ」たちの序列が大幅に入れ替わるかもしれない。(新井奈央)

 【2020年3月26日発行紙面から】

関連ニュース