記事詳細

ソフトバンクグループ、過去最大1兆4000億円赤字転落! 孫氏は迷走…カリスマ経営者たちも次々と離脱

 2020年3月期の連結最終損益が国内企業で過去最大規模の1兆4381億円の赤字に転落したソフトバンクグループ(SBG)。孫正義会長兼社長(62)が旗を振った投資の失敗が響いた。新型コロナウイルスへの対応も物議を醸すなか、大物経営者が取締役から次々と離脱しているのも気になるところだ。

 業績の足を引っ張ったのは、企業に投資するソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)で、約1兆9000億円の営業損失を計上した。18日の決算説明会で「これだけの景気の中で、『まあまあ悪くないんじゃないの』と言いたい」と強気だった孫氏だが、威勢のよさはなかった。

 米シェアオフィス運営会社「ウィーカンパニー」に103億ドル(約1兆1021億円)の投資を行ったが、7208億円の損失を計上。ホテル事業を手掛けるインドの「OYO(オヨ)」はコロナ禍で従業員を一時帰休としている。孫氏は88社の出資企業のうち15社程度の破産を予想した。

 調査会社BCNのアナリスト、道越一郎氏は「上場企業への投資は必ずしも失敗というわけではないが、未上場企業をどう評価してよいのか見えない部分はある。投資先の目の付け所が悪いとは思わないが、タイミングと運は悪いといえるだろう」と分析する。

 最近の孫氏は、コロナ禍を受けて100万人の無償PCR検査をぶち上げたが、医療崩壊を招くと批判されて断念。大阪府と医療物資の提供で協議したが、吉村洋文知事は16日のツイッターで《医療用マスクは最終確認中、防護具は不成約と聞いてます。税金ですので。厳格な手続きがあります。先日発表した大規模抗体検査も、国との共同実施です。抗体キットは使いません》とした。

 こうした孫氏の行動について前出の道越氏は「社会の力になりたいという思いの表れだろう。社会構造を変えるような新しいビジネスを誕生させるきっかけとなる可能性もある」と期待する。

 18日には投資先の中国ネット通販最大手アリババグループの創業者。ジャック・マー氏(55)の取締役退任が発表された。昨年末にはユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(71)も取締役から退任するなどカリスマ経営者が相次いで去った。

 後継者探しどころか、孫氏にかかる重責はかえって大きくなっている。

関連ニュース