記事詳細

【ネット騒然銘柄】「コロプラ」急騰 『ドラクエウォーク』など好調で黒字転換

 株式市場は3月決算企業の決算発表シーズンを迎えている。そんな中、15日にネット上で多くコメントを集めたのは、通期ではなく中間決算を発表したスマホゲームのコロプラ(3668)だ。

 14日に発表した2020年9月期の中間決算では、最終利益が前年同期の6800万円の赤字から52億9600万円の黒字へとジャンプアップ。人気タイトルの『ドラクエウォーク』などが好調だった。大手株系掲示板では「最低でもストップ高3連はするな」「吉野家やめて叙々苑(高級焼肉店)行くわ」など、久々の同株の株価急騰に心を躍らせるトレーダーの書き込みが相次いだ。

 15日は、ほかにもAiming(3911)やイグニス(3689)などコメントを稼ぐスマホゲーム関連株が散見された。「ネット民の浮かれっぷりがやばいな」と一部で行き過ぎを心配する声も上がっていたが、主力株の大半が業績予想を非開示としていて手掛けづらいため、当面はスマホゲームなどもともと個人に人気の高い銘柄に買いが集中する傾向が続くかもしれない。(新井奈央)

 【2020年5月19日発行紙面から】

関連ニュース