記事詳細

【ネット騒然銘柄】アパレル大手「レナウン」マネーゲーム化加速か

 アパレル大手のレナウン(3606)が15日、新型コロナウイルスの影響で民事再生法の適用を申請した。一般に名が広く知られる企業としては“コロナ倒産”第1号ということになる。

ネット上でも連日、レナウン破綻の話題で持ち切りだ。2ちゃんねるの株板では、「早く1円まで下がらんかな」「普通に一ケタまで一直線だろ」など、マネーゲーム化を待ち切れないトレーダーの書き込みが相次いでいる。ほかにも、出来高が少な過ぎることをいぶかしがる向きや、他の超低位株にも倒産が波及する可能性を指摘する向きなど、話題はさまざまだ。

 バイオ関連銘柄が次々と値を落とすなか、バイオベンチャーのテラ(2191)やスリー・ディー・マトリックス(7777)などがしぶとくコメントを集めた。新型コロナのワクチン開発に関して、日本のバイオ企業は米企業に比べると一歩も二歩も出遅れているのは事実だが、確かにまだ結果が出たわけではない。結末が決まっていないのであれば、トレーダーが求めるのは話題や材料のみだ。(新井奈央)

 【2020年5月21日発行紙面から】

関連ニュース