記事詳細

東証、5営業日ぶり反落38円 高値警戒、一時はプラス場面も

 29日の東京株式市場は高値警戒感から利益確定の売りが出て、日経平均株価(225種)は5営業日ぶりに反落した。ただ、経済活動の再開期待を背景に午後にかけて買い戻しの動きが強まり、前日比プラスとなる場面もあった。

 終値は前日比38円42銭安の2万1877円89銭。東証株価指数(TOPIX)は13.67ポイント安の1563.67。出来高は約23億8386万株だった。