記事詳細

【トップ直撃】「ポイ活」経済圏拡大へ手腕還元中! 国内最大級ポイントサイト「モッピー」運営 セレス・都木聡社長 (1/4ページ)

 コロナ禍で懐具合が厳しい人が増えるなか、ポイントをためてお得に使う「ポイント活動(ポイ活)」が注目されている。ポイントサイトがひしめくなかで、モバイル向けに先行して国内最大級に成長したのが「moppy(モッピー)」だ。運営会社トップは大企業とベンチャーでの修業を経て起業、東証1部上場を果たし、さらに「ポイント経済圏」を拡大させる意気込みだ。(中田達也)

 --モッピーはどのような特徴ですか

 「無料で登録してインターネット上でポイントをためることができます。現状ではスマートフォンを中心に5000~6000社から広告をいただいていますので、ほとんどのインターネットサービスで何かをしたらポイントを提供することができています」

 --具体的には

 「モッピー経由でアプリをダウンロードするとか、引っ越しの見積もりを取る、動画サービスに入会するなどでポイントがたまる仕組みです。1ポイント=1円換算で電子マネーやマイレージ、別のポイント、現金などに交換できます」

 --現金にも交換できるんですね

 「ただ、現金比率は25%ぐらいで、電子マネーやギフト券、アップルやグーグル、アマゾンのギフトコード、マイレージなど現金に近いものに交換するユーザーさんが多いですね。現金の場合、数日タイムラグがあり、ATMでお金を引き出す必要がありますが、電子マネーならリアルタイムでその場で買い物できます」

 --いくつもポイントサイトがある中でモッピーの特色は

 「ポイントの交換先が一番多いことですね。『ポイ活』をする人にとっては、ポイントがたまることと使えることが重要です。実績のあるサイトには広告が出やすくなり、いただける広告の単価も高くなるので、他のポイントサイトよりも還元額が高くなります」

関連ニュース