記事詳細

【ネット騒然銘柄】クラウドファンディングの先駆け的存在「マクアケ」がストップ高 これからが本当の“幕開け”?

 クラウドファンディング(CF)の先駆け的存在であるマクアケ(4479)は21日、2020年9月期通期予想の上方修正を発表し、これを受けて株価が一時ストップ高するなど急騰した。株系掲示板では「これからが本当の幕開け」「ウィズコロナの本命!」など強気な書き込みが並ぶ。コロナの影響で店舗販売が厳しい半面、CFを活用したネット通販に活路を見出す事業者が増えているようだ。事業者にとっては厳しい状況が続くが、利用できるものは利用し、なんとかこの難局を乗り越えて欲しい。

 高機能フィルムメーカーの恵和(4251)の株価動向が話題になっている。22日の後場寄りまでは前日比マイナスで推移していたが、そこからわずか1時間弱でストップ高すると、今度は急降下。結局は前日比変わらずで引けた。当日の引け後、同社は通期決算の上方修正を発表していることから、2ちゃんねるの株板では「明らかに不自然」など値動きを不審がるトレーダーが続出している。確かに22日は、何らかの疑惑を持たれても仕方のない値動きだった。(新井奈央)

 【2020年7月28日発行紙面から】

関連ニュース