記事詳細

【ネットデジタルここに注目!】首筋や脇の下にあてて血液を冷やす 屋外で真価「ネッククーラーNeo」 (1/2ページ)

 いまだ猛暑の続く日本列島、新型コロナ対策のためのマスク着用を考えると残暑のシーズンも暑さ対策は怠れない。

 そんななか、昨年から若い女性を中心に持ち歩いている人を見かけるようになったのが「携帯ファン(扇風機)」。なかなかよいのだが、直射日光の下や湿度が高いと効果も下がりがちだ。また、手に持って使うものやU字型の本体を首にかけて両側から顔に風を送るものは、ファンに髪の毛が絡んでしまうことがあるそうだ。

 そんな携帯ファンの弱点を完全に克服してくれるのが、THANKO(サンコー)の「ネッククーラーNeo」だ。U字型の携帯ファンと同じように首にかけて使うが、その仕組みも効果もまるで別次元のものとなっている。

 扇風機式に風をあてることで間接的に温度を下げるのではなく、首の両側にあたるアルミ板の温度が下がって直接冷やす。机の上で使う小型冷蔵庫などにも使われる「ペルチェ素子」という特殊な電子部品がアルミ板に密着していて外側には放熱用のファンがついているのだ。指で触ってみると冷蔵庫の内壁に触れたときのように冷やされていることが体感できる。

 大きさは、ちょうど小さめのヘッドホンくらいで重量も150グラムと扱いやすい。首の太さ調整の仕組みもあり、折りたたみ可能。ただし、USB給電が必要で市販のモバイルバッテリーに接続して使うことになる。

 ケーブル途中にスイッチがあり、強・弱の2段階と“ゆらぎモード”の3つの動作モードで、“強”の場合で約10時間(1万mAhのモバイルバッテリー使用)と動作時間は十分だ。

関連ニュース