記事詳細

【定年後・自走人生のススメ】新たな自分の「居場所」を見つけたりするために… 「セルフ・ラーニング」による自己発見 (2/2ページ)

 人生100年時代では、その中間点に位置する中高年社員層。仕事のためだけではなく、プライベートな生活にとっても、いまこのタイミングで身につけておきたいことや今後の人生を前向きに充実させるためのヒントをご提供したいと考えている。

 そのために、『キャリア羅針盤』コンテンツは、「人生のプランニング」と「仕事との両立」をテーマにした2つのカテゴリーから構成している。ひとつのラーニング・コンテンツは、テーマごとに第一線で活躍する専門家の監修により作成している。

 『キャリア羅針盤』は現在、一部企業の人事部を通じて試験実施をしていただいている段階だ。これは、『キャリア羅針盤』が実用段階になった際には、まずは企業単位で採用いただくことにしているためだ。

 コロナ禍で、対面授業形式の社員研修ができなくなり、オンライン授業やeラーニング方式が注目を浴びていることは、『キャリア羅針盤』にとっても追い風になっている。(つづく)

 ■得丸英司(とくまる・えいじ) 「一般社団法人定年後研究所」所長。(株)星和ビジネスリンク取締役専務執行役員。1957年生まれ。日本生命保険で25年にわたり、法人・個人分野のFPコンサルティング部門に従事。日本FP協会常務理事、慶應義塾大学大学院講師などを歴任。日本FP協会特別顧問。

 日本で初めての「50代以上会社員」に特化した、定年後ライフの準備支援機関。定年後の「自走人生」を目指す中高年会社員を応援。中高年会社員向け学習システム『キャリア羅針盤』を開発中。ポータルサイト「定年3・0」(https://www.teinengo-lab.or.jp)

関連ニュース