記事詳細

【ネット騒然銘柄】ソフトバンクグループの株式非公開化観測が再燃

 株式市場同様、ネット上でもソフトバンクグループ(9984)がトレーダーたちの耳目を集めている。半導体設計大手の英アームの売却を発表。さらに、MBO(経営陣による買収)による株式非公開化の観測が再燃するなど、同社の立ち振る舞いをめぐって市場が揺れている。

 ネット上では「軍資金を得たらまた(孫正義会長は)大勝負に出る?」など、思い思いの書き込みが見受けられる。日本市場で時価総額ランキング2位の同社株が非公開化するとなると、東証にとっても一大事。今後ますます同社に対する注目度は上がりそうだ。

 10日から株価が爆騰しているのは、くぎやくぎ打ち機などを手掛けるアマテイ(5952)だ。材料は、国土交通省が新築住宅の瓦の固定化を義務付ける方針を打ち出したこと。2ちゃんねるの株板では、「たいした材料じゃないのわかってる?」という問いかけに対し、すぐにあるトレーダーが「そんなのみんなわかってて買ってるのよ」と回答していた。大事なのは材料の是非ではなく、「買いがいつまで続くのか」の見極めだ。(新井奈央)

 【2020年9月17日発行紙面から】

関連ニュース