記事詳細

ビックカメラ、ワークマン、アルペン… 異業種の参入で盛り上がるアウトドア市場の今 (2/5ページ)

 売り場の特徴は、キャンプを中心に体験型となっていることだ。具体的には、ファミリーキャンプ、ソロキャンプ、冬キャンプなどのテーマに沿って展示を行う、セレクトショップとなっている。また、庭の軒先やベランダでキャンプを行う“ベランピング”を提案するなど、アウトドアを身近に感じてもらえる工夫が印象的だ。

 同社・広報では「近くに、昭和記念公園、秋川渓谷、奥多摩、高尾山のようなアウトドアスポットがあるので、1号店を立川に出店した」としており、並々ならぬ意欲を感じる。

 ◆コーナン商事も進出

 コーナン商事は9月4日、ホームセンターとして初のアウトドア専門店「キャンプデポ」の1号店「CAMP DEPOT 鳳東町店」(大阪府堺市)をオープンした。

 キャンプ用品を中心として、アウトドア、ハイキング、バーベキュー、ピクニックと、初級から中級者向けの品ぞろえ。同社では“キャンプを楽しむコト”を通じて「非日常」ではなくて「異日常」を体験してほしいと意気込んでいる。

 同社の既存店売り上げ(3~9月)を見ると、前年比11.5%増と好調であるが、主力となるのはDIY用品や家庭用品。200坪ものスペースで、今まで同社では全く売っていなかった商品を数多く取りそろえた実験的な店舗となっている。

 ちなみに、同社は1月に新大阪に本社を移転していて、キャンプデポは旧本社を改装したものだ。

 注目すべきは、eSPORTS(岐阜市)が展開するアウトドア通販サイト「eSPORTS」のプライベートブランド「クイックキャンプ」の商品を幅広く扱っていることだ。ワンタッチテント、アウトドアワゴン、車中泊マット、焚火陣幕など、ほぼ通販でしか買えなかったコストパフォーマンスに優れた「クイックキャンプ」の商品群が、実店舗で50種類以上も販売されるのは初めて。同ブランドの多くのファンが足を運んでいる。

 ◆好調なワークマン

 作業服メーカーで専門店のワークマンがアウトドアの分野でも注目されたのは、「ららぽーと立川立飛」(東京都立川市)内にタウン用途にできる商品をピックアップした新業態「ワークマンプラス」を18年9月に出店したのがきっかけ。商業施設初出店であった。

 ワークマン製品の優れた機能性とコストパフォーマンス、街でも着て歩けるデザイン性が話題となり、「ポストユニクロ」とまで言われるようになった。今年に入ってからの既存店売上高(前年同期比)も、1~3月が21.2%増、4~6月が22.3%増、7~9月が14.7%増であり、コロナ禍においても2桁成長を続けている。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース