記事詳細

【ネット騒然銘柄】サマンサタバサ急落に「1日だけかよ」

 米大統領選を目前に控え、株式市場にも緊張感が漂いはじめた。そんな中、ネットトレーダーたちの間で話題となったのがバッグやアパレルを展開するサマンサタバサジャパンリミテッド(7829)だ。

 子会社が運営するディズニー系スマホゲームとのコラボアイテム発売を発表し、22、23日は株価が乱高下した。ただ、23日には引けにかけて急落に転じたため、2ちゃんねるの株板は「1日だけかよ」「つまんな」などの書き込みがびっしり。一時は人気タレントとのコラボなどきらびやかな時代を謳歌(おうか)していた銘柄も、いまは値動きに文句を言われる存在になってしまっている。

 22日は、日経平均株価採用が発表された韓国発祥のオンラインゲーム開発、ネクソン(3659)の株価が大幅高。伊藤忠商事による完全子会社化でファミリーマートが上場廃止となり、その空いた席に新たにネクソンが座る格好だ。SNS上では「違和感しかない」など、今回の採用に対する異論も多かった。(新井奈央)

 【2020年10月22日発行紙面から】